Koga Clinic

今年5月に開院された、「古賀クリニック」さんのウェブサイト撮影を担当しました。

撮影はピカピカの院内で和気あいあいと楽しく、先生の人柄を大切に。クリニックはケガや傷跡を綺麗に直す形成外科を中心として、内科や外科もやっているそうなので、今後お世話になろうと思っています。(あまり体調崩しませんが…。笑)

今回、制作でご一緒させていただいた、機能的なウェブデザインの横山さん(y2)、親近感や愛着の持てるロゴやキャラクターデザインの平野さん(oeuflab)、ご依頼いただき嬉しかったです。

また、お忙しい中、対応してくださった先生やスタッフの皆さん、ありがとうございました。


-

古賀クリニック(http://koga-clinic.jp


CREATION Project 2016「藍色カップ」特設サイト

株式会社リクルートホールディングスさんが運営する二つのギャラリー「G8」と「ガーディアンガーデン」で、2016年11月22日〜12月24日まで開催されたチャリティー企画「170人のクリエイターと有田の窯元がつくる 熊本天草陶石の磁器展 藍色カップ」にて、特設サイトの産地スチール撮影を担当しました。(映像と展示はこちら

メインビジュアルやメニューのタイポグラフィーは大原大次郎さんです。

また、イベントはとても好評だったようで、今年2月には札幌に巡回も。


-

CREATION Project 2016「藍色カップ」特設サイト

http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/


ワークショップのお知らせ ー 長崎県波佐見町


波佐見町さんからのご依頼で、自然光を使って料理や器を撮影するワークショップを行う事になりました。

昨年ぐらいから、お仕事の撮影先でも〝販促ツールとしてSNSが使われるようになってから、写真を撮ることが増えたけれど思うように撮れない  〟とお悩みを聞くことが多く、予算や時間が限られた中で僕自身がすべての撮影に関わることも難しいなと感じていました。

そこで、今回頂いたこの機会に、できるだけ簡単に効果的に撮影できる方法を皆さんと一緒に見つけられたらと考えています。

窯元や商社さんだけではなく、ライフスタイル系のショップや飲食店さんなど、自社のウェブサイトやSNSで日頃から情報発信をしたいと思われている方にもお勧めです。

なお、お申し込みは、波佐見空き工房バンクからお願いします。


-


「自然光で、器や料理を雰囲気良く撮る」

日にち 5月28日(日)※荒天中止(日差しがない場合)

場 所 みんなのアトリエ はざま(波佐見町田ノ頭郷373-10 スナックムーン横)

時 間 13時~14時30分、15時~16時30分

参加費 2000円(おやつ・お茶付き)

定 員 各8人

持ち物 デジタル一眼又はミラーレスカメラ、標準レンズ、あればカメラの説明書、あれば三脚

問合せ・申し込み みんなのアトリエ はざま

※お申込みの際に、何のカメラをお使いか教えてください


aurora glass online store

ガラスジュエリーブランド「aurora glass」のオンラインストア撮影など諸々の担当をしました。

撮影では、作品のコンセプトと雰囲気に合わせたイメージカットと商品撮影を。

作品制作は受注生産のようで注文後3〜4週間かかるようですが、凛とした雰囲気で春夏は特に人気のようです。  

また、3月16〜18日に太宰府天満宮で開催される合同展示会「thought」にも出展されます。

18日は一般の方も入場可能なマーケットなのでぜひ。


 -

 aurora glass online store(http://auroraglass-store.net



浦田庭園設計事務所

昨年から福岡県太宰府市を拠点に活動する「浦田庭園設計事務所」さんの施工実績撮影を担当させていただいています。

撮影では、庭の心地良さとそれを生み出す構造の部分をどう伝えればいいのかと、取り組む過程の中にも新たな発見を感じながら。

また、施工実績の「武雄の庭」では、「第24回 タカショー庭空間施行例コンテスト 5thROOM&ガーデン部門」にて銅賞を受賞されています。(http://proex.takasho.co.jp/contest/24th/c07.html

こちらもご覧いただければ嬉しいです。

-

浦田庭園設計事務所(http://urata-tree.jp



CREATION Project 2016「藍色カップ」EXIHIBITION

株式会社リクルートホールディングスさんが運営する二つのギャラリー「G8」(写真上部)と「ガーディアンガーデン」(写真下部)で、11月22日〜12月24日まで開催されるチャリティー企画「170人のクリエイターと有田の窯元がつくる 熊本天草陶石の磁器展 藍色カップ」にて、メイキングムービーの撮影編集と産地スチール撮影を担当しました。

宣伝美術一式は大原大次郎さんが担当され、ポスター・フライヤー・カタログでは藍色カップの制作過程をご紹介されています。また、今回の橋渡し役とカップの制作は焼き物の産地商社である株式会社KIHARAさん。カップとインタビュー撮影は、東京在住の那須竜太さん。

展示は銀座の2会場(クリエイションギャラリーG8、ガーディアンガーデン)。販売収益金は、熊本地震の復興支援のために寄付されます。お近くの方・観光やお仕事で滞在中の方にも、ぜひ手に取ってご覧いただければと思います。

撮影に同行してくださった、リクルートの皆さん、大原さん、KIHARAさん。協力してくださった職人の方々、ありがとうございました。


-

CREATION Project 2016

170人のクリエイターと有田の窯元がつくる 

熊本天草陶石の磁器展 藍色カップ 

会 期:2016.11.22 火 - 12.24 土 

時 間:11:00a.m.-7:00p.m. 日曜休館 入場無料 

※11月23日、12月23日の祝日は開館。 

2 会 場:ガーディアン・ガーデン、クリエイションギャラリーG8

特設サイト

ガーディアンガーデン

クリエイションギャラリー G8

KIHARA


デザイン横丁 in 佐賀


九州アートディレクターズクラブさんのお声かけで、11月25日に佐賀市のシアターシエマで開催される「全員参加型ぶっちゃけトークイベント デザイン横丁 in 佐賀」にゲストスピーカーとして、参加させていただくことになりました。 

出張おにぎりの「おにぎりや おてて。」さんもお弁当で参加していただいています。嬉しい!

また、イベントの参加対象者は、佐賀在住クリエイターやデザインに興味のある事業者・経営者さんなどです。 

(ぜひ、ノーネクタイでお越しください〜) 

僕は、デザインの要素となるビジュアルを作る立場でお話しできればと。

 ※参加の詳細はfacebookのイベントページ参照お願いします。


-

全員参加型ぶっちゃけトークイベント

「デザイン横丁 in 佐賀」

ちょっくら、 デザインに寄ってく? 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

 毎日の生活の中にあふれているのに、企業や地域にとって、とても大切なことなのに、“デザイン”って誰に頼めばいいのかわからないしコストも謎。 なんだか気難しそうなデザインの、いろんな「?」をスッキリさせて、デザインをみんなの未来に役立ててもらおうと、 誰もが気軽に参加できる「九州デザイン横丁」を開催します! あなたの身近にいる地元のクリエイターたちといっしょに ぶっちゃけ話を交わせば、いろんな明日への扉が開くはず!! 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

主催:NPO法人FUKUOKAデザインリーグ・九州経済産業局 九州アートディレクターズクラブ 

企画・運営:九州デザイン横丁運営委員会 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 

日時:11月25日(金)18:30開場/19:00スタート/22:00終了 

場所:cafe CIEMA (シアターシエマ内) 佐賀県佐賀市松原2-14-16 セントラルプラザ3F 

参加費:2,000円 (おてて。+カフェシエマのお弁当、1ドリンク付)   

定員:40名先着順 

対象:佐賀在住クリエイター/デザインに興味がある事業者・経営者・行政職員・学生など 

 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【お申し込み】

フェイスブックの当イべントページ参加ボタンを押した上で、オーダーシートをダウンロードしてFAXまたはメールにて下記にお送りください。 

九州デザイン横丁 企画運営室(株)ナウクリエイト TEL&FAX 092-516-2817 Email:k.d.yokocho@gmail.com 情報が届き次第、申し込み完了です。


波佐見空き工房バンクポスター

波佐見町さんからのご依頼で、今年春から進めていた波佐見空き工房バンクPRポスターの撮影を担当しました。

撮影は、焼き物に携わる10職種10パターンのポスターを作成するため、職人さんや作家さん・商社さんを訪ね、実際の仕事風景を中心に。

焼き物の製造〜流通までを見ていく中で、ある人は都会でのOL生活を辞めて移り住み職人の道を目指し、ある人はUターンして会社に新しい空気を呼び込み、ある人は中卒から何十年も焼き物を支え続け、それぞれの役割にそれぞれの想いを感じました。

また、出来上がったポスターは波佐見町のモンネポルトで開催された「波佐見空き工房バンク企画展」で、実際に使われる職人さんの道具と一緒にお披露目を。

お声かけくださったアートディレクション・コピーライティングの村上奈都美さん(波佐見町地域おこし協力隊)、デザインの樋渡孝司さん(reverb)。

ご多忙の中、快く協力していただいた職人や作家、商社の皆さん、ありがとうございました。

-

波佐見空き工房バンク(http://hasami-akikobo.com


tocotoco vol.36

カメラ日和、TURNSなどを発刊されている第一プログレスさんの子育てライフスタイルマガジン「tocotoco Vol.36」でP70P71ページの撮影を担当しました。発売中です〜。

編集のAさん、撮影させていただいた方々、お忙しい中ありがとうございました。

-

tocotoco(http://www.tocotoco-mag.com


〝STOCKs〟website

日常で使っていただけるものをアーティスト自身が企画し、「作りたいもの」「欲しいもの」「描きたいもの」をテーマに作品を発表していくブランド「STOCKs」のオンラインストアオープンに際し、スチールとムービーを担当しました。

撮影では、佐賀と福岡で公私ともに親交があるメンバーで、とても楽しく進めさせてもらい、ムービーはできるだけシンプルに。現場の空気感が印象に残るように。と考えました。TVCM版(spot15秒)もSAGATVで流れています。

今後は、傘やバッグなども登場するみたいで楽しみです〜。

撮影に同行してくださったCDPERHAPS GALLERYさん、ADのミサコタロウさん、時間を割いてくださった各作家の皆さん、ありがとうございました。

-

STOCKs(http://stocks-saga.jp


いのうえ歯科・矯正歯科

長崎県諫早市の「いのうえ歯科・矯正歯科」さんのウェブサイトリニューアルに際し、撮影を担当しました。

撮影では、自然光が気持ちのいい院内と気さくな先生方やスタッフのみなさんの雰囲気を伝えようと、進めさせていただきました。

ウェブデザインは福岡のy2さん。日頃からウェブサイトを拝見させていただいていたので、ご一緒させていただき嬉しかったです。

お忙しい中、時間を割いてくださった先生方やスタッフのみなさん、お声かけ頂いたy2さん、ありがとうございました。

-

CL / いのうえ歯科・矯正歯科

web design / y2


Catalog of ceramic brand 〝JICON

今村製陶さんの磁器ブランド「JICON」からリリースされた新作ペンダントランプのカタログを撮影しました。 

撮影では、江北町のbookmt.さんをロケーションに洋室と和室を使いながら、ランプのon/offを撮り分けました。

クライアントの今村さんご夫婦、手工業デザイナーの大治将典さん(Oji & Design)、AD古賀義孝さん(光画デザイン)、D秦佳織さん(光画デザイン)、ロケーションのbookmt.さん、ありがとうございました。 

-

JICONhttp://www.jicon.jp/index.html

Oji & Design(http://www.o-ji.jp

bookmt.(http://bookmt.net



クーヨンBOOKS 13

東京都港区のクレヨンハウスさんが発刊する書籍「クーヨンBOOKS 13 行きたい保育園行かせたい幼稚園」の表紙まわりと企画の撮影を担当しました。  

撮影は、糸島市深江のこども園「おやまこやま」さんに伺い、子供達のいつもの生活を乱さぬようそっと。

遠いところ、お越し下さった編集のTさんありがとうございました。


クレヨンハウス              (www.crayonhouse.co.jp)

こども園おやまこやま  (www.kurasukoto.com)



CREF

九州アートディレクターズクラブが発刊する、九州クリエイターズファイル「CREF(クリフ)」にお仕事の掲載をしていただきました。

掲載していただいたのは昨年の「K-ADC AWARD 2015」にて受賞したWEB部門賞と審査員特別賞です。

このCREF自体も、各自治体のまちおこし系の方・企業の広報の方などが、実際にお仕事を発注しやすいよう構成されていて、amazonでも購入頂けるようなので、ぜひ。

-

九州アートディレクターズクラブ(http://k-adc.net


ceramic mimic fabric


有田町の窯元、文山窯さんの“布のような磁器”をコンセプトにした新しいブランド「ceramic mimic fabric」のリリースに際し、ウェブサイトの撮影を担当させていただきました。

「ceramic mimic fabric」は、代々伝わる技法“てびねり”を現代に進化させ、薄く軽やかで一つ一つ風合いの違う布目のシワ感が特徴的な磁器。個人的には、器の凛とした雰囲気と手触りがいいなぁと。(あっ、これでビール飲むと美味しいらしいです〜。)

撮影では、1泊2日の有田泊で製造工程の話を伺いながら進め、明確なディレクションと丁寧な香盤表のおかげでとてもスムーズに撮影ができました。

プロダクトデザインの磯野さん(Pear Design Studio)、プロデューサーの南雲さん、ディレクション・デザインの江副さん(あおいろデザイン)、Webデザインの木村さん(.tareme)。文山窯代表の中島さんご夫妻。有田陶器市前のお忙しい中、対応してくださったスタッフの皆さん。ありがとうございました!

-

文山窯        (http://bunzan.co.jp

Pear Design Studio(http://pear-ds.com

あおいろデザイン  (http://aoirodesign.jp

.tareme     (http://tareme-design.com


Livin’ Livin’ photo #5

福岡県太宰府市にお住まいのU家ファミリーを撮影させてもらいました。 

撮影はリビングにある窓の前で、お気に入りの照明を前ボケに使おうとフレーミングしました。(あまりボケてないけど。笑) 

額装では、ポップな雰囲気がいいという事だったので、カラーでサイズを六つ切りスクエアに、マット紙の分量を小さくしてみました。

最初は緊張気味だったお子さんも寛いでくれて、よかったです〜。

 -

Livin’ Livin’ photo(http://livinlivin.format.com


thought.

 旧波佐見町立中央小学校講堂で開催された、九州を中心としたクリエーターによる合同展示会「thought」に行ってきました。(仕事じゃなく出店のお手伝いで。笑)

 個人的には、蝶々の標本を額装する方や機能的な布張りバインダーを作られる方が気になりました。(商品よりも活動に興味がある傾向です…。) 

また、改修する事が決定しているという文化財の講堂も建築が格好良くて、こちらに入るだけでも貴重な体験のようで…。 

面識はあるけどなかなかお話する機会がなかった方や以前一緒にお仕事をした方に会えたり、一緒に仕事しましょうとお声かけいただいたり、思わぬ展開になり行ってみてよかったです。 

 - 

 thought(http://www.thght.jp


Catalog of ceramic brands “essence”

長崎・波佐見町の西海陶器(株)がリリースしている陶磁器ブランド「essence」のカタログを撮影しました。

撮影では、モンネルギムックやHANAわくすいが併設する南倉庫に伺い、セットを組んだり自然光を活かしながら、商品のイメージカットを。

以前のessenceのカタログから、こういうの撮ってみたいなぁと思っていたので、お誘いいただき本当に嬉しかったです。

今回、ご一緒させていただいたディレクション・デザインの三迫太郎さん、メインビジュアルとなっているイラストのミヤタチカさん。忙しい中、対応してくださった西海陶器スタッフのみなさん、ありがとうございました。

 -

essence          (http://www.essenceoflife.jp

taromagazine (http://taromag.misaquo.org

ミヤタチカ     (http://miyatachika.com


“Livin’Livin’photo” website

出張家族写真「Livin’ Livin’ photo」のウェブサイトが出来ました。tumblrで途中まで作っていたんですが、htmlをいじれないと導線や利便性が悪そうだったので断念…。笑

あんまりガチガチに決め過ぎずに楽しく撮影したいと思うので、相談など気軽に頂ければと思います〜。

-

Livin’ Livin’ photo(http://livinlivin.format.com


Livin’ Livin’

以前から、要望を頂いていた家族写真の撮影をご自宅などに出張して少しずつ始めています。 

今回撮影させていただいた、F家ファミリーは昨年建てられたばかりという新築のご自宅内で撮影を。写真を飾られる壁面が木片セメント板というもので、クラシカルでスッキリとした印象が合うだろうと、モノクロプリントで写真サイズを2Lスクエアに、フレームを20cm角正方形とあえて少し小さめを提案。 (飾ってみると狙いどおりピッタリ。笑)

ギャラリーや展示会では、A4や六つ切りサイズの写真を額装すると、ちょうどいいサイズ(会場の広さや高さによっては小さくも)に見えても、家で飾ってみると意外と大きくて生々しさや圧迫感があったりと…個人的には2Lサイズぐらいが場所を選ばず、飾りやすいなと感じています。 

家族写真のほかにも、新しくオープンするお店や周年記念でなども撮影できそうですし、撮影後の写真との付き合い方も一緒に考えていければと。

家に飾りたい家族写真、記念写真を目指して、リビングルームという意味と暮らしや住むという意味の〈Live〉という英単語から、今のところ「Livin’ Livin’ photo(仮)」と命名しようかと思います。笑

 ※現在のところ、撮影+額装+データCDの納品になります(2万2000円〜)。シンプルな写真台紙も模索中なのですが…。撮影のご依頼やお問い合わせはこちらからお願いします。

-

Livin’ Livin’ photo(http://livinlivin.format.com


The new logo of “aurora glass”

ヴィジュアルを担当しているガラスアクセサリープロダクト「aurora glass」さんに新しいロゴマークができていました。(他人のお仕事を紹介。笑)

ロゴデザインは以前からお付き合いのある宮地明日香さん(ASUKA DESIGN)。

商品やヴィジュアルの雰囲気、ガラスの硬質さとアクセサリーデザインの柔らかさを感じる素敵なデザインだな〜。


aurora glassさんのfacebookページはこちらから。

https://www.facebook.com/Auroraglass-677100032423923/?pnref=story

-

aurora glass   (http://www.auroraglass.net

ASUKA DESIGN  (http://asukadesign.com

Using Format