KOICHIRO FUJIMOTO

副島園

佐賀県嬉野市で無農薬・減農薬のうれしの茶を作る、茶農家「副島園」のウェブサイトのキービジュアル撮影を担当しました。

撮影では、うなぎの寝床の白水君と前日入りして、早朝の朝焼けを撮影したり、仕事に密着したりしました。(ちゃっかり副島さん宅に泊めてもらいました)

また、副島さんは嬉野茶時や嬉野茶寮でも活動されているので今後の動きも楽しみです。

http://soejimaen.jp


Client:副島園

Direction・web design:白水高広(うなぎの寝床

Logo design:先崎哲進(テツシンデザイン

Photo:藤本幸一郎


佐賀発!ものの地産地育運動「ニューノーマル」 - 佐賀県

佐賀県のプロジェクト、「ニューノーマル」の撮影を担当しています。

「ニューノーマル」は、地域のモノづくりや伝統工芸などをきっかけに、6つのテーマで、佐賀の明日のくらしを考えるプロジェクト。(要は、佐賀県のクラフトを佐賀の人にもっと知ってもらおう。という企画)

6つのテーマは、『はたらく』『いろどる』『たべる』『くつろぐ』『あそぶ』『おもいやる』。

※画像はくつろぐのミーティング風景。

現在は各テーマごとにアドバイザーを迎え、ディスカッションを行い、どういったモノで現在の暮らしに合うものを提案できるかと検討中です。

来年2月には展示発表会を予定されています。

タイムリーな情報はfacebookページで更新されています。


-

ニューノーマル

FBページ


「九州ちくごものづくり文化祭 year zero」- うなぎの寝床

うなぎの寝床さんの旧寺崎邸で、今年5月に開催された、さまざまな作り手が一同に集まり、一緒に学ぶことができる企画展「九州ちくごものづくり文化祭 year zero」にて、作り手さんのパネル撮影を担当しました。

作り手さんは、織物企業や木工作家、染色家、桶職人などさまざま。ものづくりの背景を垣間見ることができて、とても充実した撮影でした。

対応してくださった皆様、ありがとうございました。


-

うなぎの寝床



Livin’Livin’photo

出張家族写真の撮影を時間がある時に、引き受けています。(撮影スタンスの都合上、あまり頻繁に撮影できなくて申し訳ないのですが)

先日、初めて家族写真というより、赤ちゃんの撮影をお願いしたい。と依頼がありました。僕からは赤ちゃんとストロボのイメージがどうしてもできなくて、自然光が綺麗な場所、時間帯で撮りましょうと。

この時期にしか撮れない記録として、きちんと残しておくのは、本人が大きくなったときに感慨深いのではないでしょうか。

親としても子としても。

-

Livin’Livinphoto


JICON

今村製陶さんが手工業デザイナー大治将典さんを迎えて立ち上げた磁器ブランド「JICON」の新作リーフレットを撮影させていただました。

今回の新作は「花彫コースター」と「デザートカップ」で、涼しげな印象に撮影を。

新作は、先日の直営店リニューアルオープンから、リリースされています。

リーフレットのアートディレクションは、古賀義孝さん(光画デザイン)、デザインは秦香織さん(光画デザイン)。


-

JICON

Oji & Design


UMAdesign / デザインノート

撮影させていただいた大阪の「UMA/design farm」さんのお仕事が発売中のデザインノートに掲載されています。

撮影を担当させてもらったのは、大分県の児童養護施設「森の木」プロジェクト、佐賀県庁新館サインデザインプロジェクト。

久しぶりに佐賀県庁に入ったのですが、給湯室サインや展望ルームSAGA360など、とてもいい空間になっていました。

佐賀に遊びに来たら、県庁に行くのもオススメです。

-

UMA/design farm

デザインノート


nice things.

撮影を担当したライフスタイルマガジン「nice things.」7月号が届いていました。
今号の「特集 訪ねたい場所」で、長崎県長崎市のList:さんの撮影を。

撮影では、オランダのmonojapanでもお会いしたList松井さんとゆっくりお話できて、よかったです。

取材が丁寧で、評判の雑誌なので手に取ってもらえると嬉しいです。

-

nice things.



PERHAPS〟 website.

リニューアルされたギャラリー・ショップ・デザイン事務所を営む〝PERHAPS〟のウェブサイトで、ABOUTページの撮影を担当しました。

撮影では、断片的なイメージカットでお店を想像できるような余白を残して。

デザインは、福岡のy2さん。

-

PERHAPS

y2



雪解ける季節のアクセサリー展 - aurora glass

3月のお仕事ですが、ガラスアクセサリーブランド「aurora glass」さんの個展用フライヤーの撮影を担当しました。個展の場所は、大分のSPICAさん。

撮影は、雪山で着画やイメージカットを。凛とした雰囲気と変わりゆく季節を。

デザインは、宮地明日香さんです。


the breadth of SAGA’s CRAFTS

今年2月、オランダのアムステルダムで開催された日本のクラフトやデザインを紹介する展示会「MONOJAPAN」の佐賀県ブースカタログの撮影を担当しました。

カタログの内容は、佐賀のものづくりの幅を感じて欲しい。というもので、「JICON」「尾崎人形」「紙漉思考室」にスポットを。

今回、取材した3人は以前から知り合いだったので、改めてポートレート撮影をしたのが、とても新鮮でした。

企画・ディレクション・デザインは、うなぎの寝床さん。


-

うなぎの寝床


九州の食卓 2017 冬号

雑誌「九州の食卓」の冬号にて、表紙・巻頭特集・レシピ・エッセイなど、撮影をさせていただきました。

今号は日本酒特集ということで、佐賀県鹿島市の富久千代酒造(佐賀の酒、鍋島で有名な)、福岡県糸島市の白糸酒造(福岡の酒、田中六五で有名な)などに取材で伺ったり。日本酒に合う料理を提案された矢田智香子さんのレシピ撮影では、生カリフラワーごま油と塩が絶品だったり。美味しいものを撮って食べての繰り返しでした。

編集部の皆さん、ご協力いただいた取材先の皆さん、ありがとうございました。

-

九州の食卓


M.DESIGN STUDIO.

M.DESIGN STUDIO.さんの 「ヒカリノイエ」竣工撮影の担当を。今回はリノベーション案件で、梁などを残しながら、ご家族の趣味嗜好や今後の生活スタイルを丁寧に配慮して設計されていました。

途中、家主さんがお見えになったのですが、引き渡しをすごく楽しみにされているようで、設計されたMさんとの今後の生活や家具についてお話しされている様子がとても和かで印象的で。

次は入居後の撮影ですが、建築の構造部分だけではなく、ご家族の営みが感じられるように撮影できればと思います。

-

M.DESIGN STUDIO.


ワークショップのお知らせ - 佐賀県唐津市

以前、長崎県波佐見町で行った「自然光で器と料理を撮影するワークショップ」を佐賀県唐津市で開催することになりました。

ワークショップは、11月25〜26日に唐津市で開催されるイベント「暮らしを楽しむ大人のキャンパス-唐津文化遺産の日」の一環として行うもので、場所は今年オープンしたばかりの旧大島邸で。(撮影ワークショップは11月25日のみ)

内容としては、初心者向けになるかと思いますが、適切な光を選び身近な道具を使って光をコントロールし、実際に撮影してみましょう。というもの。(雨天や曇りの場合、定常光の撮影用ライトを使う予定)

前回は、わざわざ福岡から波佐見まで来てくださったデザイナーさんが何人もいらっしゃったり、思いがけない方々と知り合うことができて、こちらも刺激になりました。

器関係の方だけではなく、ライフスタイル系のショップの方などSNSやウェブで情報発信が必要な方にもお勧めだと思います。

波佐見の時の定員8名→定員15名に増えたことで、多少ばたつきそうですが、4名1組で撮影してもらうなど、今から対応を考えます…。


-

暮らしを楽しむ大人のキャンパス

「唐津文化遺産の日」

テーマ:自然光で器と料理を雰囲気よく撮る

ワークショップ日時:11月25日 13:30~15:00

場 所:旧大島邸

参加費:700円(ツルヤのマカロン、カフェneuf のコーヒー代)

参加に必要な道具:一眼レフ・ミラーレスなどのデジタルカメラと標準レンズ

定 員:15名(要予約)

【予約申し込み】

唐津文化遺産の日実行委員会

090-5385-0073

karatsubunka2017@gmail.com


旧寺崎邸 - うなぎの寝床

筑後地方・九州のものづくりを中心に展示販売を行う「うなぎの寝床」さんの新しいスペース「旧寺崎邸」の撮影を。

とにかく広いこのスペース。(画像はほんの一部です)広く趣のある和室や隠れ家のような部屋、窓から差し込む美しい光と風景。多種多様な使い方が想像でき、様々な機能を持つスペースとして八女の新しい拠点となりそうです。

10月19日からのオープニングイベントでは、産地の生地をテーマとした5社合同展示会が開催されます。

-

うなぎの寝床

旧寺崎邸


Leaflet of ceramic brand 〝JICON

ストッキストエキシビジョンで発表された、磁器ブランド〝JICON〟の新商品、花模様の彫りが刻まれた「花彫浅鉢」のリーフレット撮影を担当しました。 

招待状をいただいて、初めてストッキストに伺ったのですが。展示会場となっていた自由学園の建築美とJICONの生活美がとてもいい空気感に感じました。

クライアントの今村製陶さんご夫婦、手工業デザイナーの大治将典さん(Oji & Design)、AD古賀義孝さん(光画デザイン)、D秦佳織さん(光画デザイン)ありがとうございました。 

-

JICONhttps://www.jicon.jp

Oji & Design(http://www.o-ji.jp



Photobook「神集島 - Picnic on the island」


唐津市から定期船で10分、玄界灘に浮かぶ小さな離島「神集島(かしわじま)」。

神集島まちづくり研究室からのご依頼で、島の魅力を知ってもらおうと毎年7月に開催しているイベント「島ピクニック」の撮影に伺い、Photobookを作成しました。

早朝の定期便に乗り込み、夏の朝から夕方まで日焼けしながら、島のみなさんと観光客、美しい風景を撮影し、慌ただしくも充実した島の1日を追いかけました。

皆さんの温かい受け入れのおかげで、とても気持ちのいい一冊になったのではと思います。





くらすこと - ウェブマガジン “糸のゆくえ”

「くらすこと」さんのウェブマガジン連載 横尾香央留 “ 糸のゆくえ”にて、撮影を担当させていただきました。

“糸のゆくえ”は、お直し作家の横尾香央留さんとフィンランドのアーティストによって、少しずつ編み地が足されていくニットの交換日記。

その横尾香央留さんがニットのアイディアを求め、天然染料で染め物をする宝島染工の大籠(おおごもり)千春さんを訪ねて。

お話では、伝統的な染め物という生活の知恵を残せるよう、時代感や土地柄に合ったやり方で継続していくというお仕事のスタンスが興味深く、辺鄙な場所でも、田舎ならではの理もあるという話も。

くらすことの藤田さん、宝島染工の大籠さん、東京からお越し下さったお直し作家の横尾さん、ライターの上条桂子さん、ありがとうございました。

-

くらすこと

宝島染工



Koga Clinic

今年5月に開院された、「古賀クリニック」さんのウェブサイト撮影を担当しました。

撮影はピカピカの院内で和気あいあいと楽しく、先生の人柄を大切に。クリニックはケガや傷跡を綺麗に直す形成外科を中心として、内科や外科もやっているそうなので、今後お世話になろうと思っています。(あまり体調崩しませんが…。笑)

今回、制作でご一緒させていただいた、機能的なウェブデザインの横山さん(y2)、親近感や愛着の持てるロゴやキャラクターデザインの平野さん(oeuflab)、ご依頼いただき嬉しかったです。

また、お忙しい中、対応してくださった先生やスタッフの皆さん、ありがとうございました。


-

古賀クリニック(http://koga-clinic.jp


CREATION Project 2016「藍色カップ」特設サイト

株式会社リクルートホールディングスさんが運営する二つのギャラリー「G8」と「ガーディアンガーデン」で、2016年11月22日〜12月24日まで開催されたチャリティー企画「170人のクリエイターと有田の窯元がつくる 熊本天草陶石の磁器展 藍色カップ」にて、特設サイトの産地スチール撮影を担当しました。(映像と展示はこちら

メインビジュアルやメニューのタイポグラフィーは大原大次郎さんです。

また、イベントはとても好評だったようで、今年2月には札幌に巡回も。


-

CREATION Project 2016「藍色カップ」特設サイト

http://rcc.recruit.co.jp/creationproject/

Using Format