SAGA CHIKA

佐賀県庁新館の地下1階にあるオープンスペース「SAGA CHIKA」の空間とサインの竣工撮影を担当しました。

空間デザインはOpen Aさん、サインデザインはUMA / design farmさんが担当。

佐賀県庁の空間・サイン撮影は昨年に引き続き二度目。

自分の町の施設がデザインの力で素敵になっていく様子を、レンズを通して見守れること、カメラマンとして関わらせていただいている事がとても嬉しいです。

忙しい中、対応してくださった皆さん、ありがとうございました。


-

Open A

UMA / design farm



GRIND vol.94


最新号のメンズファッション・ライフスタイル誌「GRIND vol.94」にて、P40〜41の撮影を担当しました。 

取材では、30周年を迎えた福岡県福岡市のセレクトショップ「Dice&Dice」を。
服だけでなく、アメリカカルチャーを深堀りできるショップでとても興味深かったです。

手に取ってもらえると嬉しいです〜。


-

GRIND



greenz

ウェブマガジン「greenz」にて、さがすたいるさんとのタイアップ記事2本の撮影を担当しました。

ライターの池田愛子さんの和ませインタビューのおかげで、とても楽しい取材になりました。

皆さん、ありがとうございました。



“行ける”ところではなく、“行きたい”ところへ。

佐賀県の嬉野温泉が「シニアに人気の温泉ランキング」全国1位に3年連続で選ばれたワケ

https://greenz.jp/2019/03/22/sagastyle_2/


自分にとっての当たり前は、みんなの当たり前じゃない。

17歳で半身麻痺になった“momoちゃん”が幸せそうな理由

https://greenz.jp/2019/03/28/sagastyle_3/



-

greenz


季刊書籍「自然栽培」


ちょっと前ですが、季刊書籍「自然栽培vol.17」にて、熊本県南阿蘇村にある酒米の取材撮影を担当しました。


取材では、喜多いきいき倶楽部という、自然栽培で酒米を生産する農家さんグループを。

情熱を持って仕事されているせいか、グループ名通り、皆さんの目もイキイキしていました。笑

また、後日、編集部に読者さんからお手紙が届き、写真が良くて記事に眼を止めたとこのこと。(嬉しい!)


以前担当していた雑誌が、ウェブマガジンに移行されてから農家さんや料理家さんとの撮影が減っていたので、嬉しい限りでした。(料理家さんの取材とかしたいです〜!)

取材・文は甲斐かおりさん。

対応してくださった皆さん、ありがとうございました。


梅雨の時期、ちょっと暇になるので撮影依頼お待ちしてます!


Start wedding photo

以前から、家族写真や記念写真の撮影を家に飾りたくなるように額装して提供する「Livin’ Livin’ Photo」として、承っていましたが。

かねてから、リクエストが多かった結婚式当日のウェディングアルバム撮影も、少しずつ引き受けていくことにしました。


納品方法は、よくある板紙でケース付きのゴージャス感のあるアルバムは苦手だったので、家の本棚にも飾れるようにシンプルで雑誌よりにして。


ページ数は紙の厚さでごまかさない!笑

120Pアルバム+データDVD(ページ数は挙式や披露宴の内容によります)

撮影編集・アルバム作成代 15万円(税別)+アルバム印刷代クリアカバー付き 1万円(税別)

のストロングスタイルでいきたいと思います。


撮影から編集〜写真のセレクト、レイアウトまで、僕が一人でやります。

(基本は僕にお任せという形です)

ので、あまり沢山は引き受けられませんが…。


お問い合わせ・オーダーはContactページからお願いいたします。


-

Livin’ Livin’ photo


TURNS vol.35

発売中の雑誌「TURNS vol.35」にて、撮影を担当しました。

TURNSの移食住」で、佐賀県上峰町のみんなのらぁめんを。「連載 神様のいるところ」では、長崎県雲仙市の自家採種の撮影を。

地元のものを全国紙で紹介できて嬉しいかぎりです。

手に取ってもらえると、なお嬉しいです〜。


-

TURNS


GRIND vol.92

最新号のメンズファッション・ライフスタイル誌「GRIND vol.92」にて、P118〜121の撮影を担当しました。 (ROOTS&CONNECTIONという企画)

取材では、熊本県宇城市でストリングアートを製作する古賀暁さんを。
ストリングアート、存在すら知らなかったのですが板材とピンと糸で精密に作られたもので、とても興味深かったです。

販売中なので、手に取ってもらえると嬉しいです〜。

宇城市には塩ラーメンの美味しい店があって、昼食でこちらも再訪できて満足でした。


-

GRIND


moonstar - 810S【eit tens】


ムーンスターさんの新しいシューズブランド「810s【エイトテンス/eit tens】」の販促用リーフレットの撮影を担当しました。

810s【エイトテンス/eit tens】」とは、八分目(10分の8)を意味する「eight tenths」の略称。程度が過不足なくぴったりしているさま。ちょうどいい塩梅。分量や大きさ、靴などさまざまな物事について言う。

昨年から携っていたムーンスターさんの新しいシューズブランド「810s」。

シューズは4タイプで、厨房や食品工場で使われるキッチンシューズをデイリーユースにしたKITCHECAF。学校用グラウンドシューズの機能性を継承したヘビーデューティータイプのSTUDEN。機能性と快適性を備えたナースシューズをデイリーユースにしたHOSP。 

撮影では、商品撮影とモデルさんと街歩きしながら使用シーンを。

ムーンスターさんのシューズは、ジムクラシックとオールウェザーと愛用しているので、携わることができて光栄でした。


-

Art direction / ZAG.institute

Design / shirokuro





aurora glass「Prism」


ガラスアクセサリー作家「aurora glass」さんの個展用DMのキービジュアルを撮影しました。

Prism(プリズム)がテーマなので、DM裏面では光を実際の作品に屈折させて、無色の光が分解されて淡い色になる様子を撮影してみました。

どの程度のトーンに持っていくか何度も撮影して、作品の雰囲気に合う写真をセレクトしました。

デザイン・イラストは明日香デザインさんです。


GW中(5/1~5/7)に、大分県別府市のSPICAさんで開催されます。


-

aurora glass


Bike is life.

福岡県朝倉市を拠点とした自転車ブランド「Bike is Life.」の販促ツール用のキービジュアルを担当しました。

「Bike is Life.」は、マウンテンバイクの元プロ選手の山田大五郎さんを中心に、リパブリックさんとうなぎの寝床さんも参画されたブランド。

1台で初心者用からレース用まで、カスタム次第で末永く使えるそう。(購入は今後の展示会やオンラインが中心になるようです)

また、デザインディレクションは永井一史さん、販促ツールなどのデザインは先崎さん(テツシンデザイン)。

先日のレセプションにもお伺いしましたが、今後は様々なサービスやライドイベントも計画されているようで、朝倉市にコミュニティの拠点が増えそうです。


-

Bike is life.


CALMA BY RYO OKAMOTO - 嬉野温泉旅館「大村屋」


嬉野温泉旅館大村屋さんで開催された、アートブランド「CALMA - BY RYO OKAMOTO」さんの作品展示の撮影を担当しました。


強い言葉を陶板に物質化して、それを創造の源泉に、床の間に展開されたインスタレーション。


僕はラジオの床の間が、すごく好きでした。

ピーターバラカンさんもこの部屋に宿泊されたそう。


ロゴも良くって、Tシャツやバッグなどグッズもしっかり作られていたので買っておけばよかったと後悔…。

(グッズがっかりする事がちょこちょこあるので)


-

CALMA

大村屋


YAMAHEIGAMA - English Website

有田のやま平窯のウェブサイトの英語ページ版。

日本語ページも撮影担当させて頂きましたが、この英語ページ版も写真の使い方いいなと思います。


主力商品のエッグシェルでビール飲んだら、きっと美味しいだろうなぁ。


-

Client / やま平窯

Web direction,Copy / Yuriko Hamano

Design / y2

 Photo / Koichiro fujimoto


TURNS vol.34

雑誌TURNS vol.34号にて、宮崎県都城市にある「都城市立図書館(Mallmall)」の取材で、P58~65の撮影を担当しました。

図書館がコミュニティとして、機能しているようでとても充実していました。

取材・文は、ハタノエリさんです。

都城の地鶏また食べたいなぁ。


-

TURNS



the breadth of SAGA’s CRAFTS

今年2月にアムステルダムのロイドホテルで開催された、ジャパンプロダクトの展示会MONOJAPANに出展した佐賀県ブースのカタログ撮影を担当しました。


撮影では出展された、224porcelain・吉田刃物・平田椅子を。

アートディレクション、デザイン、コピー、翻訳、はうなぎの寝床さん。


対応してくださった皆さん、ありがとうございました。


-

MONOJAPAN


WEDDING DAY.

友人のウェディング写真集、全120Pを撮影・作成しました。

板紙のアルバムも、雰囲気のない写真も過度な演出も苦手なので、できるだけそこから離れられるように。


撮影では、進行や新郎新婦を追うだけではなく、この日のためにふたりが選んだもの、その日感じた光を丁寧に伝えられるように。


ニューノーマルエキシビジョン - 佐賀県

2月11日まで、開催されたニューノーマルエキシビジョンのキービジュアルを担当しました。

この事業は佐賀県内のモノの「作り手」と「使い手」の距離を縮めるための提案きっかけを作るもので、半年間その動向を追いかけました。

今年は初年度だったので、これからどう展開して行くかとても楽しみです。


-

ニューノーマル


やま平窯

やま平窯のWebサイトリニューアルに際し、キービジュアルの撮影を担当させていただきました。

https://yamaheigama.co.jp

撮影では、泡を使ってデザインされたプレートやとても薄いカップのエッグシェルなど繊細さが印象的で、どうやって表現するかと試行錯誤しながら。

また、浜野さんのとても綿密で丁寧なディレクションがとても勉強になりました。Webデザインは、福岡のy2さん。写真の活かし方がとても上手いなとつくづく思います。

対応してくださった方々、ありがとうございました。


-

Client / やま平窯

Web direction,Copy / Yuriko Hamano

Design / y2

 Photo / Koichiro fujimoto


幸建設

大分県別府市の「幸建設」さんのウェブサイトリニューアルに際し、キービジュアルの撮影を担当しました。

http://k-yuki.co.jp

今回のお仕事は、BEPPU PROJECTさんが運営するクリエイティブプラットホームの案件で、ディレクション・デザインは大阪のUMA design farmさんが担当。

撮影では、スタッフさんのプロフィール写真、工務店さん、木材屋さん、竣工撮影2件など。

対応してくださった皆様、ありがとうございました。


-

Client / 幸建設

Agency / BEPPU PROJECT,CREATIVE PLATFORM

Web design / UMA / design farm




ニューノーマル展

撮影を担当している、佐賀のものづくりの地産地消をテーマとしたプロジェクト「ニューノーマル」の展示会が2月1日〜2月11日の期間で開催されます。

ニューノーマル

http://new-normal.life

コーディネーターは、うなぎの寝床の白水君、リパブリックの田村さん。また、ウェブやグラフィックのデザインも担当されているテツシンデザインの先崎さん。

撮影は一部、長崎の繁延あずささんにも協力してもらっています。

展示会のメイン会場は、佐賀県庁1F県民ホール。販売会場はJONAI SQUARE

また、県内各地で行われるワークショップの講師陣も面白い方々ばかり、tsumugiのサワムラさん、bowlの高塚さん、わざわざの平田さん、シンクボードの山倉さんなど。

足を運んでもらえると嬉しいです。


-

ニューノーマル展

ものづくり と ものづかい、 これからの佐賀のライフスタイルを考え、体験する展覧会。

期間:2019年2月1日(金)~2月11日(祝・月) 入場無料 

メイン会場:佐賀県庁1F県民ホール(佐賀県佐賀市城内1丁目1-59) 

販 売 会 場 :JONAI SQUARE(佐賀県佐賀市城内1丁目6-番10号 サガテレビ1F



PUDDLE

滝本幹也さんのアトリエやチョコレート専門店ダンデライオンなどの設計を手がける「PUDDLE」さんのリノベーション案件の撮影を担当しました。

撮影地は大分県佐伯市で、土間を生かした事務所兼住宅でした。

昼食にいただいたゴマだしうどんと鯵寿司がとても美味しかった。


-

PUDDLE


TURNS vol.33

最新号「TURNS33号」の、民俗ローカル紀行「神さまのいるところ 竹カゴのある暮らし」にて、p88〜p91の撮影を担当しました。取材は熊本県水俣市にて。文は甲斐かおりさん、編集はハタノエリさん。

また、今号のカバーはちょこっとお仕事をご一緒させてもらっている、長野県の「パンと日用品の店 わざわざ」の平田さん。(撮影は別のカメラマンさん)
1月には、佐賀に来てくれるそう。

手に取ってもらえると嬉しいです。


-

TURNS


コタニホーム

長崎県東彼杵郡川棚町で新築やリノベーションを行う「コタニホーム」さんのウェブサイトで、キービジュアル撮影を担当。(施工事例も2件ほど)

http://kotani-k.co.jp

ウェブデザインは福岡のy2さん。

撮影では、工場に伺ったり、施工されたご自宅に訪問したりと、わいわいバタバタしながら。

対応してくださったスタッフの皆さん、施主さん、ありがとうございました。


-

コタニホーム

y2


TURNS vol.32

雑誌TURNS vol.32号にて、「民族ローカル紀行神さまのいるところ-水とともにある暮らし」にて、P80~83の撮影を担当しました。

取材は、熊本県南阿蘇村の美しい水源とそこで暮らす方々を。

取材・文は甲斐かおりさんです。


-

TURNS


「無常 -mutablity-」/ YUKI HAYAMA STUDIO

現代陶芸作家 葉山有樹さんの展示会カタログ「無常 -mutability-」にて、展示会場撮影を担当しました。

(作品撮影は別のカメラマンさんが)

同作品は、佐賀県立美術館で企画された「三人展-明日への眼差し-Forward Stroke」のために制作された巨大なインスタレーション。下書きなしの精密描写で生命や誕生というキーワードを連想させるような内容で、陶板による光の反射なども緻密に計算されて設計されているようでした。

撮影はオープン前日に行ったのですが、こんなに大掛かりな展示の裏側を見たのが初めてで、繊細な展示の設計にも、驚くばかりでした。


-

Client:YUKI HAYAMA STUDIO

Art direction・design:古賀義孝(光画デザイン)

Venue photo:藤本幸一郎


Using Format